「JOURNEY DAYS 旅する日々」米と茶碗「十年」

曲 米と茶碗「十年」 2013.1.19
ピアノとうたの2人組「米と茶碗」の曲、「十年」。この曲は、野嶋咲子さんがやぎの「イブ」という絵から着想を得て下さいました。「イブ」は、やぎのライフワークでもある展示、「JOURNEY DAYS 旅する日々」のキービジュアルとしているイメージでもあります。なんと光栄なことでしょうか。
本日はこの曲を、ねずみnoteをご覧の皆様にご紹介したいと思います。
深いチェロの響き・・この「十年」に使われているチェロは、まだモーツァルトもベートーベンも生まれていない時代、音楽の父と呼ばれるバッハが生きていた頃のものだそうです。その時代にも、それぞれの場所で人が生き、それぞれの時を、その瞬間を感じていたことでしょう。
曲に手を引かれ、やぎは、何か大きいものの足の甲に乗っているような、そんな気持ちになりました。Where do you live?
どうぞ皆様、この機会に是非、米と茶碗「十年」の世界をお楽しみください。
(下のリンクをクリックすると、MP3ファイルが自動再生するページが新しいウインドウで開きます)
Japanese piano duo,"COME TO CHAWAN". I introduce her song's "Ten Years".
Deep sound of the cello..., It is a cello in Bach's era.
This song, like a long long dream. Beautiful place just for you. Please enjoy it.


米と茶碗「十年」 COME TO CHAWAN "Ten Years"  

関連リンク(note内記事) : http://oshiiret.blog58.fc2.com/blog-entry-669.html